やりたいという意思表示

今回は『ワクワクすることだけ、やればいい!』について紹介します。

できるか、できないか?と考える前に「やる意志」を自分に問うことが大切なのです。やりたい=できるではありません。だからこそ、まずは、やりたいという意思表示が大切なのです。

ワクワクすることを見つけたら、「本当にやりたいか」と自分が感じているかが重要です。
実現に向かって一歩一歩進むことで、達成するためのアイデアが生まれます。
「やりたい」という意思表示を続けることが、協力者を引き寄せ、自分ができないことを助けてくれます。
その結果、自分ひとりで行うよりも大きな事が実現できるようになります。

自分の場合、「やりたい」よりも「できる」、「できない」に意識が向かっていて、その状況で自分ができることばかりやろうとしていました。そのことが途中でくじけてしまう原因につながっていたと感じています。
この状況を変えるために、まずは、これからやろうとしていることが「自分が本当にやりたいこと」かを問いかけ、その実現に向かって発信を続けていきたいと考えています。

この記事を書いた人

田嶋健一

田嶋健一

「自分らしい人生を送りたい」というコンセプトで、自分が心地よく感じられることに日々取り組んでいます。

ブログでは普段から気になっていることを紹介しています。

ブログを通じて、自分が持っている力を「人のため」に使っていきたいと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします