人に教える

人に教える際にどんなことに重きをおきますか?

自分は「相手に内容を理解してもらい、結果を出してもらうこと」に力を置いています。

教わる人が再現ができるようにするために、ポイントとなる点に絞って説明する必要があります。

説明の際、自分と相手では見えている世界が違うために、内容が理解できないことがあります。
自己満足にならないよう、相手が理解できる形でかみ砕いて説明することが大事です。

逆にこんなことをしてしまうと、教わる人が混乱してしまいます。
・事細かに説明しすぎてしまう。
・複数の解釈ができる表現をしてしまう。

画面例や図などを活用して、マニュアルを整備することは教わる人の理解を助けます。

理解の再確認と不明点の解決のために、実際に説明した内容をやってもらい、フィードバックを受けることも重要になります。

一度の説明や実践では理解し切れると限らないので、「教わる人から質問は必ず来る」ものとして、親身に対応することも必要になります。

この記事を書いた人

田嶋健一

田嶋健一

「自分らしい人生を送りたい」というコンセプトで、自分が心地よく感じられることに日々取り組んでいます。

ブログでは普段から気になっていることを紹介しています。

ブログを通じて、自分が持っている力を「人のため」に使っていきたいと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします