お金の循環をよくするためには

お金の循環をよくするためには

今日は『一生お金に困らない生き方』について紹介します。

がんばって、いい仕事をして、人を喜ばせようとする前に、自分は何もしなくても、自分がほしいだけのお金、というより「豊かさ」を受け取る価値があるのだと思って(知って)下さい。
そう思えたとき、初めてお金は手元に流れ込んできます。
それがわかると、いくら使っても、いくら与えても、怖くありません。使えば使うほど、より豊かな気持ちになれます。
だって、どうせ自分には価値があるんだから。
どうせ、自分は愛されているんだから。
どうせ、自分は認められているんだから。
すると、お金はより気持ちよく回り始めます。
自分で自分の価値を信じられたとき、自分は何もしなくても与えてもらえる人間なんだ、すでに与えられている人間なんだと信じられたとき、あなたは豊かさに包まれています。

お金の流れを変えるためには、「自分はお金を受け取るに値する人間である」という形に、お金に対する前提を書き換える必要があります。
「自分にはすでに価値がある」、「自分はすでに愛されている」、そして「自分はすでに認められている」と、何もしていない素の自分を肯定することが、お金の循環を良くすることにつながります。

逆に、がんばっていい仕事をすることは、「自分にはお金を受け取れるだけの価値がない」という信じ込みを強化することになり、自分からお金を遠ざけてしまうことになります。

自分は、お金に対して「がんばって仕事をした対価」という前提を持っていたため、「何もしていない自分には価値が無い」と信じ込んでいました。

でも、その信じ込みは間違っていることに、今回気が付きました。
お金の流れを自分に引き寄せるためには、「何もしていない自分には十分な価値があり、豊かさを受け取るに値する人間なんだ」と、自分の存在価値を肯定する必要がありました。

この本を読むことを通して今まで全く逆のことをしていたことがわかりましたので、まずは自分の存在価値を信じることから始めてみたいと考えています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA