睡眠時間の大切さ

ここ10日ほど体調を崩していたことで、22時を過ぎた段階で寝始めてしまうことがありました。

睡眠時間が6時間〜7時間30分と、普段と比べると長い時間寝ていることが多くなりました。
それまでは0時前に寝ることはほとんどなく、睡眠時間も5時間台という状況でした。

睡眠時間が短い時には、眠気が残っていてイライラすることが多かったのですが、睡眠時間が長く取れている時には、頭がスッキリしていて余裕がある感じがしていました。
(今回の場合、体調自体は悪いので、つらい部分はあるのですが)

今回、十分な睡眠を確保することが生活の質を高めるために欠かせないことを、改めて実感しました。
これから体調が戻っていくに従ってやることを増やしていく際に、十分な睡眠時間を確保できるよう、段取りを組んでいきたいと考えています。

この記事を書いた人

田嶋健一

田嶋健一

「自分らしい人生を送りたい」というコンセプトで、自分が心地よく感じられることに日々取り組んでいます。

ブログでは普段から気になっていることを紹介しています。

ブログを通じて、自分が持っている力を「人のため」に使っていきたいと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします