目標に具体性を持たせる

目標は「いつまで・誰が・どのようにする」と具体的に決める必要があります。
具体的で実行可能な形にしておかないと、集中して行うことが難しくなってしまいます。

目標は形にして残しておく必要があります。
頭の中だけで目標を立ててしまうと、その時の都合で変えることができてしまうため、いつまで経っても、実現につながらないことになってしまいます。

目標は努力すれば到達できるレベルで設定しておく必要があります。
レベルがかけ離れてしまっていると、実行しようとする意欲が失われてしまいます。
大きな目的の成功も、小さな目標の達成の積み重ねになります。
目的がはっきりしていないと、的確な目標を立てることが難しくなります。

そして、立てた目標の達成具合を振り返ることは、目的・目標に結びついている行動ができているかを確認できる良い機会になります。

この記事を書いた人

田嶋健一

田嶋健一

「自分らしい人生を送りたい」というコンセプトで、自分が心地よく感じられることに日々取り組んでいます。

ブログでは普段から気になっていることを紹介しています。

ブログを通じて、自分が持っている力を「人のため」に使っていきたいと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします