自分の好きなことをするための6つのポイント

自分の好きなことをするための6つのポイント

2014-06-04 21.06.27

こんな経験はありませんか?

「世間の目が気になって、本当に自分らしい生き方ができていないと感じる。」
「自分の心が満たされていないために、毎日イライラしている。」

何か満たされない思いがあると考えているあなたにとって、「自分らしい生き方をしたい」と考えるのは自然のことでしょう。

たしかに、世間一般の人々が考えている成功(富・名声・権力)の力を得ることで、自分の人生を望むものに変えることは可能です。
しかし、その方法では毎日の生活が満たされず、楽しくないために途中で挫折してしまう危険性があります。

自分の中に自然にわき上がる好奇心(ワクワク)の力を生かすことで、「自分の好きなことをする」ことができるようになります。

その方法を学べるのが、今回紹介する『ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある』(マイク・マクマナス著・ヴォイス)になります。

ワクワクの力を人生に生かす方法

『ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある』の内容の一部を紹介します。あわせて、印象に残ったものについて引用していきます。

自分の中に自然にわき上がる好奇心(ワクワク)の力を生かすの6つのポイントはこちらになります。

  1. 自分のワクワクを全て書き出そう
  2. 同時進行が相乗効果を生む
  3. 同じ量の情熱を傾けよう
  4. 小さな一歩を踏み出そう
  5. 目標ではなく、方向を定めよう
  6. 自分の直感を信じよう。

1.自分のワクワクを全て書き出そう

「過去」や「現在」や「近未来」から自分が好きなものをさがしだすことです。
そこで見つかったものが見つかったものが「ワクワクのリスト」を構成します。
ワクワクのリストに書かれたことは、あなたの心をわきたたせ、喜びや満足感をもたらす活動です。

自分の中にある、やむにやまれぬ興味や関心が何かを知るために、思いついたことをノートに書き出してみましょう。書き出す際には以下のことを参考にしてみて下さい。

  • 子供の頃に大好きだったことは何か。
  • 現在好きなことで、時間がないからと決めつけ、あきらめていることは何か。
  • あれがやれたらなあ、一度でいいからやってみたいなあ、と思っていることは何か。

2.同時進行が相乗効果を生む

自分にとって大切なことに関心をはらいつつ、ワクワクのすべてを実生活に生かさないかぎり、人を幸せになれません。
ワクワクを残らず実行していくと、人生の新しい扉が開いて、それまで夢にも思わなかった人に出会ったり、仕事にぶつかったりします。
新しい生き方が生まれ、新たな出会いや天職に恵まれます。

誰もがたくさん持っているワクワクに対して、まんべんなく関心を持ちましょう。
自分のあらゆる面を発見したら、そのすべてを生活に取り入れる努力をしてください。たくさんあるワクワクのうち、たったひとつでも無視すると生活全体がアンバランスになり、心の満足は得られません。

3.同じ量の情熱を傾けよう

すべてのものに、同じだけの情熱を傾けるということは、それぞれのワクワクに対して同じ情熱と関心を持って向き合うということで、同じだけの時間やお金や体力を使うことではありません。

あなたが興味や関心や好奇心を持つことや、あなたの心をワクワクさせるものは、すべてが同じように重要です。どれかひとつでも無視すると、生活全体のバランスがくずれてしまいます。
自分がすることすべてに同じ量の情熱を傾けるようになると、最初に考えているより、時間の余裕が出てきます。精神を集中して時間を有効に使うようになるので、少ない時間でより多くを達成できます。

4.小さな一歩を踏み出そう

たとえ目に見えないほどの小さな一歩でも、それが願望に向かって正しく踏み出されたものなら、動きにはずみがつき、もはや動きを止めることはできません。

今すぐできる小さな行動は何かを考えて実行してみて下さい。
そうすれば、結果がすぐ現れて達成感が得られ、努力を続ける気力が出てきます。
「小さな一歩」は今のあなたが楽に実行できる範囲の行動に限ります。

5.目標ではなく、方向を定めよう

目標を定める代わりに方向だけを決めると、その方向へ向かって踏み出す一歩一歩が勝利への道程になります。勝敗を決める必要もなく、点数を記録する必要もありません。そしてその勝利者はあなたです。
それに反して、目標を定めていると、目標点に到達しないかぎり、たとえなんからの成果があっても敗北感につきまとわれます。

目標を立てないでいると、自由に気の向くままに創造的な行為に走ることができます。
目標を立てる代わりに目指す方向を決めるおくほうが、長期的に多くのことを成し遂げられます。
方向には上限も下限もなく、目標を達成できなかった敗北感を味わうこともなければ、プレッシャーもありません。

6.自分の直感を信じよう

重要なことであろうが、ささいなことであろうが、人物や状況に対して自分が直感的に感じたことを決して無視しないで下さい。

直感の目的はあなたの行動や進むべき方向を示して、あなたが自分らしい人生を歩めるように導くことです。
心の中で感じていることにあなたが耳を傾けさえすれば、直感は多くのことを教えてくれます。

  • 何が欲しいか。
  • 何をすべきで何をすべきでないか。
  • どこへ行きたいか。
  • なぜそうしたいか。
  • いつ始めるべきか。
  • どんなペースでどうやって進むべきか。

まとめ

まず、自分の中にあるワクワクが何かを見つけ出します。つぎにそれをすべて同時に生活に取り入れて実行します。それぞれのワクワクに同じ量の情熱を注ぎます。目標ではなく、方向を定めて、小さな一歩を踏み出します。そして、自分の直感に従って行動を続けていきます。

今回読みました『ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある』を通じて、自分の中に自然にわき上がるワクワクを強く意識するようになりました。
今回挙げた6つのポイントに重点を置いて、ワクワクの力を人生に生かす取り組みを続けていきたいと考えています。

手に取って一読されることをおすすめします。

最後に、この本を読むきっかけとなりました2つのブログ記事について紹介します。

『ソース』 ワクワクする人生をあゆむために捨てさるべき8つのウソ – Fu/真面目に生きる

やりたいことは全部同時にやる!人生の目的をボトムアップで見つける方法!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA