iPhoneで愛用しているカメラアプリ

iPhoneで写真を撮影する際は、純正のカメラアプリはほとんど使わず、いつもOnecamというアプリを使っています。
アプリの開発者は@AppleWalkerさんという方です。

OneCam(マナー・連写) 〜フリックで簡単シェア〜
カテゴリ: 写真/ビデオ

 

Onecamに感じている二つの魅力について紹介いたします。

一つ目の魅力は写真撮影時にシャッター音がしないことです。

自分が写されているわけではないのだけれども、自分の周辺でシャッター音がするのはあまり気持ちのよいものではない感じる方が大多数だと思います。迷惑になることが分かっているために、気を遣って撮りたい写真を撮影できないなんてケースがあると思います。

そんな時、Onecamで撮影すれば、シャッター音がしないので、周りを気にしないで心おきなく写真を撮ることができます。
これは何ものにも代えがたいアドバンテージだと感じています。

二つ目の魅力は640×480などの低解像度で撮影することが可能なことです。

純正をはじめとする他のカメラアプリでは高解像度で撮影されるため、FacebookやTwitterなどのSNSに撮影した写真を手を加えずに投稿する場合には写真のデータ容量が気になります。
(自身がアップロードする際や読者がダウンロードする際の負担になると思います。)
そのため、ひと手間かけてリサイズをしてから投稿する必要があるでしょう。

低解像度で撮影ができるOnecamであれば、写真のデータ容量は多くないため、撮影したそのままの状態でSNSに投稿してもアップロードやダウンロード時の負担は少なくなります。

ちなみに、現在のOnecamでは低解像度での撮影の他に、純正アプリと同様の3264×2448という高解像度で撮影することが可能になりました。

これからもOnecamを使い続けていきたいと考えております。

この記事を書いた人

田嶋健一

田嶋健一

「自分らしい人生を送りたい」というコンセプトで、自分が心地よく感じられることに日々取り組んでいます。

ブログでは普段から気になっていることを紹介しています。

ブログを通じて、自分が持っている力を「人のため」に使っていきたいと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします