追い求めていたものは自分の足元にある(LPL養成講座第3講より)

今回はLPL養成講座第3講について紹介します。

今回は第2チャクラ(パートナーとの関係性)について学びました。

一番身近な存在であるパートナー(夫や妻、上司や部下など)と、これまでどのように接してきたかを、改めて問い直す機会となりました。
日々引き起こされる問題の背後には何があるかについて、気付くことができました。

印象に残ったこと

自分は持っている

自分に無いと思っているものは、実は自分が持っているものです。
無いとおもっているから、他人に求めてしまいます。
自分が持っていることを認めることができれば、その力を生かすことができます。

苦手な人は重要な人

苦手な人は自分の持っていない価値観を持っている人です。
人は、自分自身が排除しているものを体現している人を苦手な人としてとらえます。
自分の本当に望んでいるものを見つけるカギは、その苦手な人が握っているのです。

実は操られている

ビリーフ(思い込み)が主人公となって、私が操られています。
顕在意識のすぐ下にあるつらい記憶は痛くて触れられません。(ビリーフやストッパーはここにあります)
直面することを避けるために、そこそこの人生を生きることになります。
本当の答え(真実)は潜在意識にあります。目の前の現実は潜在意識が作っています。

まとめ

今回の講義を聴いていて、思わず笑ってしまいました。
自分がいかにものすごく遠回りをしてきたことに気付きました。

・自分のすぐそばにあるすばらしいものに気が付かなくて、自分の周り(相手など)にそれを求め続けてきたこと
・嫌だと遠ざけていた人は実は自分の一部であり、そこが自分の夢を実現する重要な役割を果たしていること
・「自分らしくしている」つもりが、ただビリーフに踊らされていたこと

これまで自分がしてきたことがばかばかしく感じられてきました。
すぐに行動は変えられなくても、このことに気付けたことで、同じ轍は踏まないようにできるのではないかと思っています。

この記事を書いた人

田嶋健一

田嶋健一

「自分らしい人生を送りたい」というコンセプトで、自分が心地よく感じられることに日々取り組んでいます。

ブログでは普段から気になっていることを紹介しています。

ブログを通じて、自分が持っている力を「人のため」に使っていきたいと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします