自分の顔が写っている写真で感じること

最近、ポートレート写真を見る機会がよくありました。

その時に感じたのは、「自分だけで写っている写真が少ない。」ということでした。集合写真はあるのですが、自分だけのものは少なくて数えるほどしかありません。まして、ポートレート写真に至っては撮ってもらったことが無いのです。

今年になって、Facebookで顔が写っている写真を使うようになり、少しずつ自分の顔が外へ出ることに対して少しずつ慣れてきました。
でも、無意識のうちに「自分だけが写っている写真を撮ってもらう」機会を避けてしまっている自分がいます。

  • 自分の顔に注目が集まるのが恥ずかしいから?
  • 自分の顔に自信が持てないから?
  • 自分の顔は見慣れていないから?
  • 理想像と実際の自分が違っているから?

実際のところ、どうして避けているなのか、自分にも分かりません。
少なくとも、「自分が自分をどうとらえているか」を知る手がかりの一つにはなると思うので、これからも探っていきたいと考えています。

この記事を書いた人

田嶋健一

田嶋健一

「自分らしい人生を送りたい」というコンセプトで、自分が心地よく感じられることに日々取り組んでいます。

ブログでは普段から気になっていることを紹介しています。

ブログを通じて、自分が持っている力を「人のため」に使っていきたいと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします